Sea Side Cross

Game,Music,Flower * and more

メニュー

夢から醒めた夢@自由 2017/06/10

夢から醒めた夢@自由 2017/06/10 ソワレ キャストボード

夢から醒めた夢@自由 2017/06/10 ソワレ

2017/06/10 ソワレ 夢から醒めた夢 自由劇場
遠征1日目。

前回は2012年7月7日に観てた。観劇記録をブログに書いてないときを含めてデジタル化してない期間があるから少し曖昧だけど夢醒め自体は今回で6回目のはず。
今回から浅利慶太プロデュースになって色々と変わったと聞いてたけど、演目のちからは相変わらずだった。

ロビーパフォーマンスがなくなったのはすごく残念だった。
短期の公演だしキャストの負担を考えるとやってられないかもしれないけど、幕が上がる前、しかも劇場に到着した時点から演目の世界に誘われるという意味ですごく特別で素晴らしいと思ってたし、単純に楽しくもあったのでとても寂しかった。ロビーパフォーマンスがなくても演目の本質は変わらないけど、これまであったものがなくなるとさすがに寂しい。
悪魔、パペット使い、行進、手回しオルガン、高脚ピエロ、小人たち、仮面…懐かしい。確か名古屋のときだと思うけど、仮面をつけて白い衣装をきてオルガンの前だっけ?にいる須永さんが大好きだった。
カーテンコールも音楽なしだった。前は曲ありだったような気がするんだけど記憶が曖昧。

幕が上がってからだと前回までと違うところはどれくらいかなぁ…

一部衣装は初演時のデザインに戻ったらしいけど初演は観てないから劇団四季で上演していたときとの違いしかわからない。たぶんメソ、子供たち、おじいちゃん、おばあちゃん、暴走族、ヤクザは前回と同じかかなり近い衣装かな。部長はスーツだから同じでも違っても私にはわからない…
振付は「遊園地のパレード」と「ここは霊界空港」「マコを探せ」あたりが大きく変わってた。前よりもダイナミックなところが目立つ構成だった気がする。リフトが大変そうだった。

配達人は普通に舞台で登場。

遊園地の曲が前よりほんのちょっとだけゆっくりになってたような気がするけど気のせいかも?でも衣装、振付、セットが結構違う。伏見稲荷ほどではないにしても連なる鳥居のような現世と幽世を繋ぐような感じが前よりも強いように思えて良かった。
ピコのスカートがリフトのとき完全にまくれ上がってしまってた。直そうとしても直らなくて諦めてたけどあれは女性なら本能的にものすごく焦りそう。

霊界空港は編曲されてた。今までの曲よりもポップぽいというかテクノっぽいような。1回しか聴いてないけどたぶん何度か聴いたらこれはこれで好きな気がする。
ピコやおばあちゃんが空港に入ってくるのは下からじゃなくて舞台袖からだった。
編曲はボードによれば佐橋氏ということなのかな。次のソンダンの編曲も期待していいのかな。わくわく。55ステップスのアプローズとビー・アワ・ゲストが本気で大好きだったから期待しておこう♡

部長の曲のとき、ヤクザと暴走族が一緒に踊ってたけどこれは前からだっけなぁ。「企業戦士」なんて今日日ほんと聴かなくなったなとしみじみするなど(笑)

とりあえず下村デビルの存在感がすごい。もっと若手を喰っちゃうかと思ってたけどそこはやはりプロと言うのか、全体とは馴染んでた。だけどやっぱり存在感が異次元。
しかし下村さんの配達人はすごかったなぁ。すごく艶があって、アイシャドウが映えてて、今まで観た配達人の中でも忘れがたい。

マコを探せで使うマのつくひとは同じだったような気がする。漢字や表記は変えてあるけどアサダマオとかマツコ・デラックスとか前からあったようななかったような。

山口さんと斉藤さんがお元気そうで何よりだった。斉藤さんのボビママでクレイジー観たくなった。
野村さんがおキレイだった。

今回のキャストの中ではマコ、暴走族、ヤクザの歌が結構うまかった気がする。
メソはすごくがんばってる感が出てて、メソ曲を歌うときにもうちょっと安定してたら良いメソかもしれない。
藤原さんはちょっと弱気な感じのメソ、飯村さんは深刻な感じ漂うメソってイメージで飯村さんのメソが一番好き。今回は純粋な感じが強かったように感じた。

夢のから醒めた夢@自由 2017/06/10

夢のから醒めた夢@自由 2017/06/10

ざっと思いつくだけでも違うところが結構あるけど、台詞は同じところがほとんどだった。
一幕終わった時点で、これはもしかして夢醒めで初めて泣けないんじゃないかと思ったけど、二幕はやっぱり結構泣いてしまった。キャストやそのレベルに関わらず「作品のもつ力」がすごい演目だなと実感した。
前も今も所々に昭和感がすごいんだけど、上演されるとなると必ず観たくなってしまう。きっと作品の根幹というか本質や核心が昔も今も変わらないテーマだからかなと思った。

役名・パート キャスト
ピコ 四宮 なぎさ
マコ 堤 梨菜
マコの母 野村 玲子
メソ 松本 悠作
デビル 下村 青
エンジェル 桑島 ダンテ
ヤクザ 和田 一詩
暴走族 野島 直人
部長 宮川 智之
老人 山口 嘉三
老婦人 斉藤 昭子
夢の配達人 近藤 真行
男性アンサンブル 鈴木 凌平
関 廣貴
高木 裕和
田極 翼
棚橋 麗音
星 潤
女性アンサンブル 川畑 幸香
熊田 愛里
権守 美加子
豊永 晴加
水野 瑞葵
吉田 藍            
この記事は楽しめましたか?またはあなたのお役に立ちましたか?
12345 (まだ評価されていません)
Loading...

関連記事

  1. 関西ハシゴキャンペーン
  2. 奈良駅

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

:) more »

CAPTCHA


このサイトについて

観劇記録が中心、たまにその感想やゲーム攻略、Wordpressのこともごくたまに。
すっかりブログを書かなくなったけど相変わらずミュージカルとゲームは好きです。華道は教授資格まではとったものの、センスのなさにより行き詰まってます。
近況詳細はフッターに。(2017/05/26)

銃声とダイヤモンド

銃声とダイヤモンドの攻略チャートを探している方はまとめが完了している銃声とダイヤモンドのページをどうぞ。
記事のほうは更新していないのでエンディングなどが不完全です。

My Instagram

1ヶ月以内の評価 [上位5件]

最近のコメント

  • Loading...

アーカイブ

Count per Day

  • 101This post:
  • 1028086Total reads:
  • 152Reads today:
  • 157Reads yesterday:
  • 408105Total visitors:
  • 100Visitors today:
  • 105Visitors yesterday:
  • 0Visitors currently online: