Sea Side Cross

Game,Music,Flower * and more

メニュー

美女と野獣@京都 2回目

今日は劇団四季の「美女と野獣」を見に行ってきた。

京都公演の初日に行って以来だから結構久しぶり。
客席のノリはやっぱり初日のほうが良かった。拍手もあっさりめだからカーテンコールもすぐ終わっちゃうし。そんなもんなのかな。
今日は夏休みだからか予想以上にお子様がいっぱい来てた。

ビー・アワ・ゲストが豪華で楽しい。

役名 キャスト
ビースト 佐野 正幸
ベル 坂本 里咲
モリース 松下 武史
ガストン 田島 亨祐
ルミエール 百々 義則
ルフウ 遊佐 真一
コッグスワース 青羽 剛
ミセス・ポット 織笠 里佳子
タンス夫人 竹原 久美子
バベット 岡本 結花
ムッシュー・ダルク 川原 信弘
チップ 川良 美由紀
男性アンサンブル 石野 喜一
岡本 繁治
キン マング
小出 敏英
赤間 清人
史 屿艺
熊 剣
安江 洋介
松浦 勇治
女性アンサンブル 大石 眞由
市川 友貴
丸山 れい
小島 由夏
倉斗 絢子
倖田 未稀
世登 愛子
長寿 真世
龍門 祥子
渡辺 夕紀

ビー・アワ・ゲストのときは楽しくてテンション上がるんだけど、後半はどうしても涙が出てしまう。
きっと何度見ても涙が出るんだろうけど、ストーリーとかは既に知ってるのに自分でもなんか不思議。むしろ序盤からドキドキしすぎて涙腺が緩む。歌とか音楽の力って凄い。
ミュージカルじゃなくても、生オーケストラの演奏とか見ても涙は出るし、具体的にどういう感情なのかは自分でもよくわからない。

まぁ私の場合はアンパンマンの1時間スペシャルとかでも泣ける人なので、単に涙腺が緩いのだと思う。
いい歳して簡単に泣くとか、わけわかんねー。って思う部分もあるんだけど、でも感動できるハードルが低いっていうのは、人よりもずっと多くの感動に出会えるわけなので、人生非常にお得だと思うのですがどうでしょう。

関連記事

  1. ノートルダムの鐘 MovieNEX

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

:) more »

CAPTCHA


このサイトについて

観劇記録が中心、たまにその感想やゲーム攻略、Wordpressのこともごくたまに。
すっかりブログを書かなくなったけど相変わらずミュージカルとゲームは好きです。華道は教授資格まではとったものの、センスのなさにより行き詰まってます。
近況詳細はフッターに。(2017/05/26)

銃声とダイヤモンド

銃声とダイヤモンドの攻略チャートを探している方はまとめが完了している銃声とダイヤモンドのページをどうぞ。
記事のほうは更新していないのでエンディングなどが不完全です。

最近のコメント

  • Loading...

アーカイブ

Count per Day

  • 133This post:
  • 1131361Total reads:
  • 47Reads today:
  • 125Reads yesterday:
  • 479033Total visitors:
  • 16Visitors today:
  • 64Visitors yesterday:
  • 0Visitors currently online: