Your Memories Off 〜Girl's Style〜 ユア・メモリーズオフ 攻略データ集

くーたからの手紙(ネタバレ)

訳について

メールで訳がわかれば載せて欲しいとリクエストをもらったので、載せてみました。
けれど、英語が得意なわけでもないし、文才もないので結構適当です。
大体は合ってると思うのですが、所々怪しい部分も。もっと良い訳をご存知だったり、添削してくださる方歓迎です。
家で迷うとか、訳しながらも意味不明でした…
ご連絡はsea_fill★hotmail.com(★→@)まで。

もっと訳を甘くしてみたりもできるのですが、くーたのキャラを考えてなんとなくこれくらいかな、と。くーたのいつもの話し方なども含めて考えると、この訳でもちょっと親しすぎかなとも思いますが…
こういうときはやっぱりもっと英語勉強しとけばよかったな、って思います。

本文と訳

Dear my lovely Umi.
親愛なる海へ

I hope you are doing well.
お元気ですか?
Now,I am in Liverpool, helping my father with his work.
今、僕は父の仕事を手伝いながらリバプールにいます。
He doesn't mindhaving a stranger like me straying in his house because the house in huge.
父の家はとても広いから、僕のような見知らぬ人間が家で迷っていても気にしないんだ。
He doesn't remember me but his Butler does.
彼は僕のことを覚えていなかったけれど、彼の執事が覚えていてくれた。
So, he somehow accepts me as a member of the family.
だから、父は僕を家族の一員としてどうにか受け入れてくれたよ。
I've got surprising news.
びっくりするニュースもあるよ。
I have a half-sister. I didn't know about her until I come here.
僕に(母が違う)妹がいるんだよ。 僕はここに来るまで知らなかった。
She used to stare at me from behind the curtain.
彼女は、よくカーテンの陰に隠れて僕を見てた。
But she started to like me when she heard me sing a song. She is lovely.
けれど、僕が歌を歌っているのを聞くと僕を気に入ってくれ始めた。とても可愛いよ。
How wonderful to have a family like her.
彼女みたいな家族がいるって、なんて素晴らしいんだろう。
You know, we often have dinner parties here.
知ってる通り、こちらではしばしば晩餐会があるんだ。
I often sing songs in those because that's the only thing I can do.
僕は、その晩餐会で歌を歌うことがある。なぜなら、それが僕にできるたったひとつのことだから。
Some people actually like my singing and I often pop over to their house to sing as well.
何人かの人たちは僕が歌うのを本当に喜んでくれて、たまにその人たちの家で歌うために出かけたりもしてる。
You told me that a song is a message.
君は僕に、歌はメッセージだって言ったね。
I often recall your words.
僕は度々君の言葉を思い出すよ。
I wanted to tell my message to someone but I couldn't.
僕は、僕のメッセージを誰かに伝えたかったけれど、できなかった。
Looking back, I think that I built a huge wall around myself.
今考えてみれば、僕は僕の周りに大きな壁を作っていたんだと思う。
Now, I feel my song does reach people's heart.
今は、僕の歌が人々の心に届いているって感じるよ。
I'm not alone anymore.
僕はもう一人じゃない。
Umi, you set me free.
海、君が僕を自由にしてくれた。
Nobody noticed me before, it was as though I had a dark cloud always above me.
前は誰も僕に気付かせてはくれなかった。僕の上にはいつも暗い雲があったんだってことを。
Umi, I think about you every single day from Japan.
僕は、日本で毎日毎日、海、君のことを考えてた。
When I saw you in the Cafe, you always would say hello to me.
カフェで会うと、君はいつも「こんにちは」って言ってくれた。
Your smile opened my mind your kindness showed me how to enjoy life so much more,
it is only through you that my heart can feel so.
君の笑顔が僕の心を開き、君の優しさが、人生をもっと楽しむ方法を教えてくれた。
君だけを通して僕はそう感じることができた。

You helped me to become what I am.
君は、僕が本当の僕自身になる手助けをしてくれた。
And, I think I've started loving you since we sang together that day.
そして、僕はあの一緒に歌った日から君を愛していたんだって思う。
I think I will go back to Japan this summer.
夏には日本に戻ろうと思ってるよ。
I really miss your lovely smile.
君の笑顔が見られなくて、本当に寂しいよ。
I wish I could swim all the way to Japan.
はるばる日本まで泳いでいけたらって思う。
Or, I wish I can fly to Japan like a rabbit.
それか、(羽のある)うさぎみたいに日本まで飛んで行けたらいいのにって。
Umi, I love you from bottom of my heart.
海、心の底から愛しているよ。
Warmest wishes Hugh Garland "Ku-ta"
君がいつも幸せであるように。 "くーた"こと、ヒュー ガーランドより

PS. I really miss the cake in Cubic Cafe.
追伸。 キュービックカフェのケーキが恋しいな。
Shortbread here is fine.
こっちのショートブレッドもとてもおいしい。
but a bit too dry for my liking.
でも僕の好みとしては、少し乾燥しすぎているんだ。
I do miss Maitoke in Cubic Cafe really.
キュービックカフェの「まいとけ」が本当に恋しいよ。

web-master:樹乃(Juno)  Mail:sea_fill★hotmail.com Copyright (c) 2004- Juno All rights reserved.