Sea Side Cross

Game,Music,Flower * and more

メニュー

ウィキッド@福岡 2011/04/07

4月7日 劇団四季 ウィキッド 福岡公演。
待ちに待った遠征 :-D
今回は1泊でマチ→マチだったので夜はホテルでゆっくり。

以下キャストと感想。

2011/4/7 ウィキッド 福岡 キャストボード

2011/4/7 ウィキッド 福岡 キャストボード

今日のキャスト

役名・パート キャスト
グリンダ 沼尾 みゆき
エルファバ 江畑 晶慧
ネッサローズ 保城 早耶香
マダム・モリブル 森 以鶴美
フィエロ 李 涛
ボック 伊藤 綾祐
ディラモンド教授 前田 貞一郎
オズの魔法使い 松下 武史
男性アンサンブル 宇都宮 直高
白倉 一成
斎藤 准一郎
田中 宣宗
成田 蔵人
権頭 雄太朗
永田 俊樹
田中 元気
酒井 康樹
女性アンサンブル 荒木 舞
古屋敷 レナ
増山 美保
榊山 玲子
渡部 真理子
藤岡 あや
新津 つくし
谷原 志音
西浦 歌織
キャナルシティ イベントステージ

キャナルシティ イベントステージ

キャナルシティ フラッグ

キャナルシティ フラッグ

場面を追う形で書き始めたけど結構色々混ざってて読みづらいかも。
大阪の楽から2ヶ月経ってるので、「久しぶりで超嬉しいですフィルター」がかかってるはずだから、多少良いほうに補正されてる部分があるかも。あと過去の記憶に縛られてるところとか。

約1年ぶりの福岡遠征。去年CFY、一昨年は55ステップス。
久しぶりのウィキッド(と言ってもまだ2ヶ月ぶり)。
ウィキッドはこれで28回目と29回目。大阪の楽の時点で55ステップスの観劇回数を抜いてしまってた模様。

とりあえず朝から人身事故の影響で在来線が遅れてしまい、指定をとったのぞみに乗れなかった時点でもうテンションが最低に :cry:
一応定刻に来た在来線に乗ったけど、京都着までの間にちょっとずつ遅れていった。
新大阪じゃなくて京都から新幹線にしたら?って姉からメール来てたけど、そのメール見たのが京都を出る瞬間だったし、間に合いさえすればご飯なんて食べられなくても問題ないのでとりあえず新大阪へ。
これが帰りだったら、さくらに乗る予定だったからかなりショックだったけどまだのぞみだったからマシだった。
後続ののぞみの自由席になんとか座れたけど、こののぞみが停車駅が少ないほうののぞみだったので思ってたよりは早く着いたかな。
博多に着いてからもたもたするのが嫌だったので新幹線の中でサンドイッチを食べておいた。

博多駅が綺麗になっててちょっと「おーーっ」って思った。去年もこんなんだっけ?一昨年はまだ工事してたし、去年は帰りしか観てないから覚えてなかった。
キャナルシティまで徒歩。少し余裕があったので無印でちょっと買い物。

開場して、前にキャストボードがあったところを見たら普通の壁になっててびっくりした(笑)
ボードが簡単に移動できるやつに変わってた。

グッズチェックしたら、福岡公演からメモ帳とネックストラップ、パーカーが追加されたとのことだったので、メモ帳とネックストラップ、プログラムを購入。このメモ帳がもの凄く可愛いかったのでお土産に :wink:
ベアはグリンダベアしかなかった。あとストラップもハートのだけになってた。スコープライトはスコープライトボールペンになってたけどこれは大阪からだったのかな?結構なくなってるのも多かった気がする。
グッズは、カモられてるとわかってるけど、好きな演目のはついつい買ってしまう :lol:

開演前、後ろを見たらかなり埋まってて驚いた。箱自体が大きいって話だったけど1階はほとんど埋まってた。2階は見えないのでわからない。
で、なんか違和感があるなーと思ったら、ちょっと舞台が遠いような。
C列からだから?でもB列からだと前が詰まりすぎになりそうだし仕方ないのかも。ロープモンキーも、大阪だと客席の2列目(大阪公演で言うC列)くらいまで来て迫力があったけど、福岡では1列目(福岡公演で言うC列)までも届かなくて。ちょっと残念なような気も。

開演し、まずモンキーさんたちの掛け声が大阪と違ってびっくり(笑)
大阪のときは「キーーーッ」って感じだったけど福岡では「キキキーーッ」って。
バブルチェアでグリンダが降りてきて、久々の沼尾さんだーと思ったら凄く声が良く響いて綺麗で早速感動。全体的には音が少し遠いような気がするのに、高い音は結構良く聞こえたような気がする。
まだ開幕して間もないしお疲れも少ないだろうからか、今まで観た沼尾さんのグリンダで一番良かったと思った。
グリンダの表情で早くも涙腺が緩む。
そう言えば、7日のバブルチェアは片方からしかシャボン玉が出てなかった。

アンサンブルの新しい人の顔がイマイチわからない。女性は特にわからない(笑)
エルフィーパパ枠は白倉さん、チステリー枠は斎藤さん、エメラルドシティのときのリボンの枠が成田さん、宇都宮さんはアヴェリック枠、大阪でよく成田さんが入ってた枠(エメラルドシティのとき海賊みたいな帽子)は田中さん、須永さんが入ってた枠は権頭さんか永田さんだったと思う。たぶん。
あれ?でもDTLの衣装で考えてみるとちょっと違うかも…うーん。やっぱり1回や2回じゃ顔を覚えるのが苦手な私にはよくわかんないな。
成田さんが大阪のときよりさらに痩せてた気がする。髪のせいでそう思えるのかなぁ?

そして最初の衝撃がメリーナ。んー。がんばっているであろう人に対してあまりどうのこうのと言いたくないけど、さすがにショックだった。音も演技も。私の中に間尾さんや他のメリーナのイメージが付いちゃってるのかもしれないけど、それにしても…
また福岡遠征するから、続投されるのならそのときまでのご成長に期待します。メリーナのところ、結構好きな場面だから頑張ってほしい!

「悪い魔女と友達~」のところ、結構本気で殴られてる気がして痛そうだった(笑)

江畑さんは相変わらずな感じで安定。大阪の楽より調子良さそうな感じはした。
ボックの伊藤さんはやっぱり私の中で思うボックに一番近い感じ。金田さんのボックだと男らしすぎる気がする。伊藤さんのボックは優柔不断そうなボックがよく感じ取れて好き。金田さんのボックのほうがいいなーって思うところも時々あるけど(DTLで「朝まで!?」って嬉しそうにつぶやくところとか(笑))、全体的には伊藤さんのボックがいい。

マダム・モリブルの森さんは初見。さすがオリキャスという感じ。怖さは白木さんのほうがあったと思う。森さんは細かくて、見逃してしまいそうな表情に色々と込められている部分があったり、かなり積極的にモリブルの悪を出しているところとのメリハリが惹きつけられる。見逃してなるものか的な気持ちにもさせられる。
エルフィーの才能に気付いて嬉しそうにはけていくときの白木さんが結構好きだったけど、森さんはそういうのはないけどそれまでの表情でそれを察することができたりする。
白木さんは所々でゾッとするような悪さが見えるモリブルで、森さんは常に悪をチラ見させるような感じ(笑)
(↑怖いのは主に二幕。)

大学生にもなって、仲間はずれする相手を目の前に「キャー♪」って逃げるとかそんな大学生いるか?(笑)と思ったけど高校生の直後と思えばまぁありなのかも、とかよくわからないことを考えたけど、オズに高校ってあるのか?むしろ大学生の年齢も現実とは違ったりするのか!?とか思ったりしつつ。

ネッサは、声質(というか発声なの?よくわからない。)がちょっと大変そうと思った。メリハリが感じ取りにくい声なんじゃないかと。常に低いところで安定してしまってる感じ。でもDTLの直前でエルフィーと話してはけるときとか凄く嬉しそうにしてて可愛かった。ガッツポーズが(笑)
ボックに魔法がかかってしまう場面では今までのネッサでは観たことがない演技だったけど、ありと言えばありかも。あの周りが見えていないような必死の表情はネッサの気持ちそのままかもしれない。
ネッサの人はまず車椅子もちゃんとやらなきゃならないし大変だね、本当に。

大嫌い!のときのグリンダは苫田さんのほうがわかりやすくて可愛くて好きだけど、沼尾さんのもじっくり観られるし好き。

黒板の落書き事件のとき、前は須永さんが何故か後ろめたそうにしてるのがツボだったんだけど、今はちょっと違ってる。そのとき立ってるか座ってるかっていうのも大阪とはちょっと違った。
ディラモンド先生も調子良さそう。特に言葉が出ないところが良かった。本当に辛そうで。

李さんのフィエロは、本当に空気作るのが上手い。ダンスホールではグリンダといちゃつきすぎてウケるし、二幕のエルフィーとの場面では超甘い。さりげに頬とか顎とかをスッと撫でるのとか、何故か観ててこっちが恥ずかしい(笑) プレイボーイすぎる(笑)
もちろん歌もダンスも良かった。
二幕のシンバロープで登場するとき、「うぉーーーーー」って出てくると思ったら「うぇーーーーい」って感じに聞こえて吹きそうになった(笑)
大阪ではほとんど北澤さんのフィエロ続きだったからか、北澤さんのフィエロも恋しい。岡田さんのフィエロも久々に観たい。でも新しいフィエロも観てみたい。悩ましい。

DTLでグリンダがエルファバに帽子をあげてはけたあと、シェンシェンとファニーがはけるときなんか寂しかった。過去の記憶から期待しすぎたかな。

ボックがグリンダを気にする様子、表情、動きも前よりかなり見えるようになった。「君は素敵な人ー」って言っちゃったあとのネッサの言葉と表情に凍りつくボックの表情が良かった。

DTLでグリンダがエルファバと踊る前まだフィエロと話してるときにグリンダがブツブツ言ってるのが可愛かった(笑)
ダンスは苫田さんは超ウケ狙いっぽい感じだったけど、沼尾さんのは超スピード感に溢れる感じ(笑)
大阪よりも踊る前の間が長くなってた気がする。大阪とか福岡とか関係なく、ただ沼尾さんの間なのかもしれないけど。周りの目、自分の人気を気にするグリンダらしくて良かった。

ポピュラーの直前でグリンダがエルフィーに「秘密かもしれないけど、真実じゃないわね」って言ったあとの小声でいう台詞が好き。「ね、そう思わない?」とか「ね、そうでしょ?」とか。パターンがいくつかあるような、私が聞き取りに失敗してるような感じだけど。
ちょっと「おバカ」っぽいグリンダが可愛い。「ゴージャスドレスーーー」のところ、今日も笑った(笑) 沼尾さんの魔法かけるところ本当に面白い(笑) 2回目の前、「フハーッ、フハーッ」って深呼吸してた(笑)

モリブル先生が「私の十八番はお天気なのよ」の前の顔がかなりウケる(笑)
今までのモリブル先生では、華麗に魔法をかける先生とか、腰が痛そうな先生とか、色々あったけど、表情では一番面白い(笑)
あの顔をしてもなおお美しいのが凄い(笑)

エメラルドシティは、石野さんがいないからマーメイドドレスにキセルの衣装はないかと思ったらあった!誰かわかんなかったけど :(
エメラルドシティはエルファバの居場所?エメラルドシティの人は、緑のサングラスをしているからエルファバのことを笑わないのかな。じゃあ外したら?

チステリーが陛下のコートで遊ぶのが本当に可愛い :oops:
あの仕草を研究するのも大変そうだなー。
エルファバがグリムリーを読み始めるとき、グリンダが思わず近づこうとしてマダム・モリブルに止められる、っていう流れ、今まで気付いてなかった。今回で初めて知った。
この陛下に謁見してる間ずっと、マダム・モリブルの表情が凄い。あからさまな感じじゃないのに凄く気持ちが透ける。女優ってのは凄いなーと改めて思った。二幕のThank Goodnessだっけ、そこでも。凄い。
「ウィキーーーーッド」がめちゃ怖かった :-D

DGはさすが江畑さん。特に、ラストなんてアンサンブル全体が迫力でも勢いでも完全に負けてるんじゃないかと思えるくらいだった。メインがエルファバなんだしそれくらいのバランスがいいのかもしんないけど。
江畑さんのエルフィーは「好き」ではあるけど「大好き」とは思わない私でもそう思うくらい迫力もあり、伸びも良かったってことで。

二幕。

Thank Goodnessはさっきも書いたけどマダムの表情が凄い。白木さんのモリブルのときもここでの表情が裏を感じさせてとても好きだったけどそれよりずっとさりげないのに印象的。見逃すまいと必死になっちゃう。
ここでも「そう!ウィキーーーーッド!」がめちゃ怖かった!
グリンダの表情も良かった。

ネッサとボックのところは、さっきも書いたけどネッサの魔法のときの表情が印象的。あれは若干狂気的だったわ。
でも最初に立って一度倒れたあと、案外スタスタ歩いてて吹いた(笑) 
これは山本さんの演技のイメージが強いからかもなー。

陛下は相変わらず素敵なお声で。表情とか間も好き。飯野さんの陛下も好きだけど。
陛下自体はやっぱり微妙にわからない人ではあるけど。どんな人も裏表はあるはずだしそんなもんなのかもと思いつつもそれだけで片付けられない部分がモヤモヤする。

今回は、このあとのディラモンド先生がやけに印象的。いつもとそう変わってはないと思うんだけど。

私じゃないのリプライズ、良かったー。グリンダの表情も良かったし、やっぱりあのときの照明も絶妙。

ALAYMのとき、フィエロが熱くて照れた(笑) その空気はさすがって感じ。声が甘くて雰囲気にはまってるし、高い音も綺麗に聞こえるし。
エルファバが去ってからのフィエロは李さんのフィエロのほうが北澤さんより激しい。竜巻感(なんだそれ(笑))がよく出ている。

キャットファイトは今日も面白かった(笑)
私はフィエロの「うぇーーーーい」が面白かったけど、ここって笑いが起きるとこがよくわからない。私と周りの人のツボが違うんだろうな。
フィエロの「許してくれ」が良かった。切なさ満タン。

No Good Deedも良かった。途中の表情も声も良かったし、ラストもだいぶ伸びてたと思うしかなり迫力があった。「ウィキッド!」のところ、前よりも印象強くなった感じ。切ない表情とか決意したような表情も生きてたと思う。

魔女狩り隊…じゃないな。なんだっけ。魔女を殺せ?のところはやっぱりグリンダとモリブルの掛け合いが素晴らしい。今まで、片手でグリンダの髪を触ってほっぺを撫でて、って感じだと思ってたけど、もう片方の手も後ろに。表情が凄いから、髪を触るのもほっぺを撫でるのもとても恐ろしい。そりゃグリンダの表情も凍るわってくらい。
やっぱり個人的にモリブル先生はここが山場。

For Good、凄く良かった!特に6日のは私のテンションが高かったせいもあってか凄く感動。チステリーが斎藤さんだったこともかなり大きい。
大阪の楽より泣いた。ウィキッドは特別好きな演目だからたくさん観たいけどやっぱりあんまり頻繁に通うとちょっとずつ慣れてしまうのかなー。

フィナーレもグリンダの表情がとても良かった。
李さんのフィエロは本当にコケるんじゃないかといつもドキドキする(笑)

以上。

今回は遠征テンションと久々ウィキッドテンションが混じって、新幹線に間に合わなかったのもチャラ、むしろプラスってくらいの楽しさ。
6日はカテコもちょうどボックの前だったし良かったー。
7日は1つ前の近くにいた年配バカップルの男のほうが途中で喋ったり頭フラフラしたり膝掛けバサバサしたりが視界に入ってウザかった。

やっぱりウィキッドは特別好きな演目だと再認識した。で、8月にまた遠征決定っぽい。
でもできればそれより前の6月くらいにまた遠征できたらなーと思う :-D
あと、帰りに乗った念願のさくらが凄く快適!綺麗だし、シート広いし、リクライニングもちょっと違う。内装全て新品感がまだ残ってるし和風モダンみたいな感じで統一されててなごむ。1車両に10列しかなかった。平日だったからか周りはほとんどスーツ姿のおじさまだった。
でもホームで観た鹿児島方面に行くさくらの外装が可愛くて、そっちが良かったなーって思ったり。またさくら乗りたいな。

次は再来週、京都オペラ座に。

博多駅大時計

博多駅大時計


↑江畑さんと沼尾さんが点灯セレモニーをしてた博多駅の時計 :wink:

関連記事

  1. 2012/04/08 マンマ・ミーア! 京都 [千秋楽] キャストボード
  1. 匿名 2011.04.09 9:46pm

    ウィキッドいいですね

    関西在住で今どうしても福岡行きたい時にこのブログみて羨ましいです

    • 0
    • 0
    • 樹乃 2011.04.09 10:08pm

      匿名 さん、こんばんは。

      流れがバラバラなので読みづらい感想だったと思いますが、コメントありがとうございます。
      やっぱり関西からだと結構遠いですよね、福岡。
      私も関西ですが、3時間半~4時間くらいかかります。

      でも、観たい時が一番楽しめる時だと思うので匿名さんもチャンスがあれば是非福岡に…

      • 0
      • 0

HTMLタグはご利用いただけません。

:) more »

CAPTCHA


このサイトについて

観劇記録が中心、たまにその感想やゲーム攻略、Wordpressのこともごくたまに。
すっかりブログを書かなくなったけど相変わらずミュージカルとゲームは好きです。華道は教授資格まではとったものの、センスのなさにより行き詰まってます。
近況詳細はフッターに。(2017/05/26)

銃声とダイヤモンド

銃声とダイヤモンドの攻略チャートを探している方はまとめが完了している銃声とダイヤモンドのページをどうぞ。
記事のほうは更新していないのでエンディングなどが不完全です。

最近のコメント

  • Loading...

アーカイブ

Count per Day

  • 1070This post:
  • 1131361Total reads:
  • 47Reads today:
  • 125Reads yesterday:
  • 479033Total visitors:
  • 16Visitors today:
  • 64Visitors yesterday:
  • 0Visitors currently online: