Sea Side Cross

Game,Music,Flower * and more

メニュー

ウィキッド@大阪 2011/01/29

1月29日 劇団四季 ウィキッド 大阪公演。

以下キャストと感想。

2011/1/29 ウィキッド 大阪 キャストボード

2011/1/29 ウィキッド 大阪 キャストボード

残り2週間あまりなんてさみしい。
なのでってわけじゃいけど、4月に福岡遠征することにした :-D
いつもは遠征したらマチソワマチのところをマチマチにして夜はのんびり過ごす。なんか中途半端な旅行みたいな気分。

この前スルース行く予定だったけど、事情により行かなかった。良席だったのに空席にしてしまって演者さんに申し訳ない。

今日のキャスト

役名・パート キャスト
グリンダ 苫田 亜沙子
エルファバ 江畑 晶慧
ネッサローズ 山本 貴永
マダム・モリブル 白木 美貴子
フィエロ 北澤 裕輔
ボック 金田 暢彦
ディラモンド教授 前田 貞一郎
オズの魔法使い 飯野 おさみ
男性アンサンブル 賀山 祐介
内海 雅智
上川 一哉
坂本 剛
田井 啓
須永 友裕
成田 蔵人
町田 兼一
清原 卓海
女性アンサンブル 石野 寛子
荒木 舞
柏谷 巴絵
増山 美保
小澤 真琴
服部 ゆう
齋藤 さやか
織田 なつ美
栗城 唯

これが千秋楽キャストなのかな。
個人的には色々と思うところもあるけど、演目自体が好きだから誰でも楽しめることは楽しめる。
でも、もう一度大阪で樋口さんのエルフィーを観たかったって気持ちは正直ある。木村さんも観たかったし、岡村さんの進化も気になる。
江畑さんは上手いと思うんだけど、どうも感情の奥が見えづらい感じがある。なんだろ…完成されてる感に馴染めないのかな… :(
あと何故かいつまでたっても声が耳に刺さる感じがする。
でも終始安定した演技で安心感と迫力が同時に存在してるのはさすがと思った。
ところどころMM!のソフィを思い出した。

苫田さんは、もはや顔芸みたいになってきてるのがちょっと気になる。もうちょっとおさえてもらっても…
いや、楽しいんだけどさ。きっと沼尾さんのグリンダ見たらどことなく物足りなく感じたりするんだろうけどさ。

山本さん、二幕の歌が前よりも綺麗で印象的になった気がする。グリンダの経験が生きてるんだろうか。

白木さんはモリブルにすっかりハマってる。他のモリブル先生も好きだけど、白木さんの先生は特に怖くて良い。

金田さんのボック好きだけど、伊藤さんのボックも可愛くて好きだからどっちも観たくてもどかしい。

もう雲田さんのディラモンド先生とか栗原さんの陛下とか忘れちゃったなぁ…

山田さんに帰ってきて欲しい。ニキディックではけるときとか、細かいところが好きだった。あのとき、坂本さん普通なんだもん…
あと、パパのときの「いよーーーーーーーー」が笑っちゃってもうマジで無理 :lol:

あと町田さんのイベントのときのフランスパンを思い出して、グッド・ニューズのときから笑ってしまう。演目上何も関係ないのに思い出し笑い的なおかしさで非常につらい :lol:
二幕最初のときとか、あの衣装でヅラで髭で眼鏡でフランスパンとかマジで卑怯すぎるよもう :lol:

そう言えば根本さん元気かな…
町田さんと同じ枠だった気がする。リーゼントの枠。
根本さん、握手してもらったからやっぱりちょっと気になるな。アカデミー1章のときだからもう半年以上前か。

あと、松尾さん元気かな…松尾さんのダンスとチステリーの演技が好きだった。

上川さんのWickedアンサンブル初めて観た。ライオネルかメルヒオールしか観たことなかった。
そして上川さんてもしかしてすごく着痩せするのか、とびっくりした。モンキーの衣装のときかなりガッチリ体型だった。ヤングオズのときも想像してたよりごつい感じでちょっとびっくりした。
大学のとき、こじゃれた七三って感じの髪型なのに普通にカッコ良かった。七三が普通に似合うってどんだけ。

光川さんが降りて改めて思ったけど、彼女はアンサンブルとしては存在感がありすぎてちょっと困る。役者としてはいいことなのかもしれないけど演技も細かく派手だから気を取られるし印象的すぎる…
ダンスホールで袖にはけるときの動きとか、授業中の表情とか、色々と細かくて好きは好きなんだけどなぁ。
柏谷さんのほうが良くも悪くも普通って言うか、個人的にはアンサンブルの役割としてちょうどな感じ。

大学のときの石野さんのかつらがいつもと違う気がした。前より色が明るい気が。照明の加減だったのかな。

間尾さん元気かな…

二幕で、「彼女、見つけてほしくないのよ」「君の言う通りだ」のくだりがよくわからない。
あのときフィエロは何を思って同意したのかな…
その会話で何が表現されてるのかな…
どう汲み取ればいいのかイマイチ掴めない。

最近、演目を観てるのか人を観てるのかが曖昧になってきた。
というか、色んな人を観るとそれだけ色んな演技があって色んな心情を推測してしまうわけで、上手くまとまらないことがある。

大阪千秋楽記念のピンバッジが売ってた。大阪の公演期間が入ってるやつ。
もちろんゲットしておいた。

近くに異様なノリのおじさんがいて怖かった。カテコのときはもう好きにすればいいと思うけど、上演中の拍手が毎回異常な大きさでこっちの耳が痛いし、曲が終わるたびにうるさくて気が散るから集中できない。迷惑。

次は2週間後、ウィキッド千秋楽。
あー…もう終わりなんて信じられない。

関連記事

  1. キャナルシティ フラッグ
  2. ノートルダム大聖堂 (Notre Dame de Paris)

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

:) more »

CAPTCHA


このサイトについて

観劇記録が中心、たまにその感想やゲーム攻略、Wordpressのこともごくたまに。
すっかりブログを書かなくなったけど相変わらずミュージカルとゲームは好きです。華道は教授資格まではとったものの、センスのなさにより行き詰まってます。
近況詳細はフッターに。(2017/05/26)

銃声とダイヤモンド

銃声とダイヤモンドの攻略チャートを探している方はまとめが完了している銃声とダイヤモンドのページをどうぞ。
記事のほうは更新していないのでエンディングなどが不完全です。

最近のコメント

  • Loading...

アーカイブ

Count per Day

  • 288This post:
  • 1123857Total reads:
  • 194Reads today:
  • 95Reads yesterday:
  • 474007Total visitors:
  • 129Visitors today:
  • 70Visitors yesterday:
  • 1Visitors currently online: