Sea Side Cross

Game,Music,Flower * and more

メニュー

55ステップス(55 Steps)@福岡 3回目

12月5日と6日は福岡に劇団四季の55ステップスを見に遠征してきました。
5日のマチネとソワレ、6日のマチネと3回。
大阪公演は11回通ったので、通して数えると12回目、13回目、14回目になります。

12月6日 55ステップス 福岡 公演回数ボード

12月6日 55ステップス 福岡 公演回数ボード

千秋楽決定前は12月6日が一応最後だったので予約したものの結局は延びてしまったわけですが、その後記念公演の特別カーテンコールが発表され結果的には非常にラッキーでした。

3回の感想を別々に書いています。
こちらは3回目の感想。
大阪公演との違いはほとんど1回目に書いています。

1回目と2回目は以下のページとなります。
55ステップス(55 Steps)@福岡 1回目 [ソンダン通算1000回記念公演]
55ステップス(55 Steps)@福岡 2回目

また、福岡の劇場自体に関する感想は以下のページ。
福岡シティ劇場と買い物

12月1日から6日まで実施された特別カーテンコールの様子は以下のページです。
55ステップス(55 Steps)@福岡 特別カーテンコール

文字数が多すぎるのか上手く表示できないため小分けになってしまいました。閲覧が面倒ですみません。

12月6日 55ステップス 福岡 キャストボード

12月6日 55ステップス 福岡 キャストボード

今日のキャスト
パート キャスト
ヴォーカルパート 金森 勝
高井 治
田中 彰孝
井上 智恵
鈴木 ほのか
木村 花代
ダンスパート 金久 烈
萩原 隆匡
鎌滝 健太
斎藤 准一郎
徳永 義満
前田 順弘
新庄 真一
君島 龍矢
花島 佑介
泉 春花
加藤 久美子
須田 綾乃
駅田 郁美
今 彩乃
徳江 みさほ
原田 麦子
柴田 厚子
岡村 美南
小菅 舞

キャストは5日の公演と変更ありませんでした。

福岡遠征でマチソワマチコースですが、その最後です。
今回の席は6列目の上手通路横です。
大阪公演のときは、このあたりの席がタガーのときの李さんの通路パフォーマンスを観る特等席でもあったのでこの席をとることとなりました(笑)
同じ位置でやるとは限らないし、そもそもやるかどうかもわからなかったし、李さんじゃないかもしれないとは思ってましたけどね。

1回目で結構多く感想を書いているので、前の2回目とこの3回目は簡単に書いています。

オーヴァチュア
ミラーボールガン見。もうこれで福岡公演は見られないだろうし、次55を見られるのは2月だし。じっくり見ると「ようこそ劇場へ」で目が馬鹿になっちゃってるかもしれないので良くないのですが、頑張って見ました(笑)

ようこそ劇場へ
アプローズ
さすがに2月に見られるとわかっているので泣きはしなかったのですが、ちょっと涙が出ました(笑)

星のさだめ
最後の男性ヴォーカルの方のあの手は人によって印象が違いますね。
渡辺さんはまさに空を掴むと言った感じで、力の入った手が逆にふたりの悲しい行く末を思わせました。金森さんの場合は見えなくなる少し手前までは足掻いている様子なのですが、その後力なく消えてしまいます。これはこれでストレートにふたりの成り行きが感じられるような気もしました。
でも最後まで足掻いて足掻いて渇望したからこそ輪廻し再会する姿が叶えられた、という解釈で観たほうが私好みなので、どちらかと言えば渡辺さんの表現のほうが好きかな。
でも中盤の井上さんとのダンスは本当に秘めた情熱のようなものを感じて金森さんって凄いのかもと思いました。他の演目でも金森さんを観る機会があるといいなぁ。

シャドーランド
普段聴いて慣れている歌い方と違う部分があった気がします。伸ばす部分とか。

早く王様になりたい
今回は楽しい演出に周りから笑いがこぼれていました。最後ちょっと不発気味だった?でもあの体勢でコケつつゴング鳴らすのは難しいだろうなぁと思います。そもそも、あのセットに向かってコケるっていうのが私ならかなり怖い。失敗して突っ込んじゃって青アザいっぱい作ってしまいそう(笑)

トプシー・ターヴィー
やっぱり今回も博多バージョンだったー!毎回なのかなぁ気になるなぁ。博多弁ってなんか可愛いなー。
博多弁でのスタートは、周りの観客の方も喜んでいらっしゃいました。

チム・チム・チェリー
芝さんよりずっと少ないアクションでコミカルさも少なめだと思えるのに何故か微笑ましく楽しくなりました。高井さんだからかなぁ。

夢があるから
木村さんの声がとてもいいなぁと思いました。

ドレミの歌
高いドの後に高いレを持って登場した高井さんが凄く真面目な顔で姿勢良く歩いてきて、思わず心の中で「あんたは武士か!」って突っ込んでしまいました(笑)
ドレミのときは、舞台にいる皆さんがとても楽しそうでとても良い雰囲気に思えます。

ビー アワ ゲスト
金久さんのルミポジを見られるのももしかしたらこれが最後かもしれないと、気合を入れて観ました。足が長いので、キレキレ感は岩崎さんのほうが出るのですが、長い足で細かいステップを踏む様子はとても綺麗でした。
全国になったらもしかして仕様が変わったりするんじゃないかと思って、とにかく必死で全てを観ました。
鎌滝さんの目線や表情がとても存在感があって、阿久津さんのお茶目な様子とかぶるものがありました。阿久津さんもとても楽しそうで目線が特徴的でしたが、鎌滝さんの笑顔と目線も凄かった(笑)

ビー アワ ゲストは原曲も好きですが、この55でのアレンジがとても好きなのでもう一度ナンバーの一覧を見てみたら、ダンス曲アレンジは佐橋俊彦さんという方がされているようでした。そして、この曲以外にもアプローズのアレンジも!なんとピンポイントな!何がピンポイントって、アプローズは原曲と驚くほどの違いがある上に、私にとってかなりのお気に入り曲に仕上がっているのです。音楽としては、アプローズとビー アワ ゲストの2曲とも55の中で大好きなアレンジです。この方の編曲は結構好きなタイプなのかも!他にも、劇団四季関連では李香蘭や人間になりたがった猫、夢から醒めた夢などの編曲もされているようです。また、ドラマ、アニメ、映画など幅広いジャンルに渡って音楽で活躍をされている模様です。

ここから二幕です。

夢を配る
白い靴カバーはやっぱり黒い靴が目立たないようにということなのかな。他の方の靴もやっぱり気になりました。このときの衣装、可愛い。アイ・ガット・リズムの衣装と同じかな?

アレキサンダーズ・ラグタイムバンド
今回は萩原さんを多く観ました。格好良いなぁ。動きも好きだし、このアレキのときの動きもとても好き。

ラム・タム・タガー~つっぱり猫
いよいよタガータイム。大阪では6列目前後の上手通路近くは、李さんファンにとってはとてもお得な席だったと思うのですが、田中さんは通路ではあまりアクションがありませんでしたね。残念(笑)
タガーのときの田中さんももっとはっちゃけちゃって欲しいです。あ、そう言えば、最後に上手から出てきてタガーの横を通って下手にはけるメス猫ちゃんの役は、大阪では須田さんじゃなかったかと思うのですが、福岡では加藤久美子さんがされていますね。須田さんは次のメモリーの準備があるからかな?

ミュージック・オブ・ザ・ナイト
高井さんの歌声の緩やかな流れに乗っかってそのままゆっくり聴かせていただきました。
オリジナルの公演のほうのファントムはまだ観たことがないので、どのファントムも見たいのですが、高井さんが観たい気もするし複雑ー!

飛躍に向かって
ブエノスアイレス
スーツダンサーにまたもや目が釘付け。特に金久さんは目立ちますね。
井上さんがとても素敵だったのが印象的です。大阪でも散々観たはずなのになんだかそれ以上に素敵だった気がして。

スターライト・エクスプレス
命とか平和とか、結構大きなことを歌っていますよね。高井さんも田中さんも素敵でした。

ヴァリエーションズ
今回もとても素敵なダンスで、終わったときの客席の拍手も一段と大きかった気がします。

スーパースター
金森さんのスーパースターは本当に独特だと思いました。誰も真似できないでしょうね。どんなに素晴らしい演技であっても、ディズニー系のように厳しい決まりがあるもの以外は同じ演技をする必要はないだろうとは思いますが。

ここからカーテンコールです。

アイ・ガット・リズム
萩原さんが格好いいなぁ。あと、マーチングのときの鎌滝さんの顔にまたやられました(笑) 楽しそうすぎる!なんとも言えない不思議な魅力のある人だと思いました。

恋のウォータールー
5日のソワレで高井さんのアクションがとても印象的だったので、今回もバッチリ見ました。このアクションを知らなかったらと思うととても残念なので、5日のマチネ後にこれを教えてくれた兄に感謝です。

このあと「魔法使いと私」が終わってから、特別カーテンコールの流れになります。
木村さん、金森さん、高井さんの謝辞からカーテンコール曲3曲の始まりです。

この後の特別カーテンコールの詳細については別ページですのでよろしければそちらもどうぞ♪
55ステップス(55 Steps)@福岡 特別カーテンコール

今回の遠征で観た3回とも、特別カテコが終わってから、スタンディングオベーションをする人が結構多くて、「ありがとう!」という声も多く聞こえました。
私のように遠征している方ももちろんたくさんいらっしゃるとは思いますが、福岡のお客さんって結構ノリがいいのかも、って思いました。大阪は千秋楽のカテコが始まってからくらいはそれなりに盛り上がりましたけど、それまでは結構あっさりだったりもしたので。福岡も普段はもっとあっさりだったりするのかな?そうだとしたら、やっぱり今回の遠征は良いタイミングでありラッキーだったと思います♪

次回私が55を観られるのは全国公演の2月の予定です。それまで楽しみに待っていたいと思います。

まだ55ステップスをご覧になっていない方は是非一度観てみてください。
ミュージカルの中から名曲や有名な曲がチョイスされたとても楽しい舞台です。
「ミュージカルなんて観たことない!」って方も知っている曲があると思いますし(ほとんどの方は、ドレミの歌はご存知でしょうから)、曲からオリジナルに興味を持つきっかけになるかもしれません。既にたくさんの作品を見ている方にとってもとても楽しめる内容になっていると思います。
もしも観に行かれるのでしたら、オフステージやゲームイベントなどがある日だとさらに楽しめるかもしれません。
歌とダンスを楽しむもので、シナリオを理解しようと思考を重ねる必要がないし、セリフの意図を考えたり深読みする必要もなく、素直に気楽に楽しめます。
そして逆に、オリジナルのシナリオや演出を知っていると、新しい発見があったり、55とオリジナルのリンクに感心したり、改めてオリジナルを観たときに表現内容にハッとすることもあります。

劇団四季 作品紹介 55ステップス

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

:) more »

CAPTCHA


このサイトについて

観劇記録が中心、たまにその感想やゲーム攻略、Wordpressのこともごくたまに。
すっかりブログを書かなくなったけど相変わらずミュージカルとゲームは好きです。華道は教授資格まではとったものの、センスのなさにより行き詰まってます。
近況詳細はフッターに。(2017/05/26)

銃声とダイヤモンド

銃声とダイヤモンドの攻略チャートを探している方はまとめが完了している銃声とダイヤモンドのページをどうぞ。
記事のほうは更新していないのでエンディングなどが不完全です。

最近のコメント

  • Loading...

アーカイブ

Count per Day

  • 131This post:
  • 1131361Total reads:
  • 47Reads today:
  • 125Reads yesterday:
  • 479033Total visitors:
  • 16Visitors today:
  • 64Visitors yesterday:
  • 0Visitors currently online: