Sea Side Cross

Game,Music,Flower * and more

メニュー

探偵神宮寺三郎 灰とダイヤモンド クリア後感想

探偵神宮寺三郎 灰とダイヤモンドをクリアしました。
シーンフロー図のおまけが最後にあります。

探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド

神宮寺シリーズはDS版はスルーしてしまって、アーカイブスでPS版をやって以来なので結構久しぶり。

チャートを作ろうかと思ってメモは取ってあるのですが、
クリアしてみれば特別難しいというほどでもないし
根気さえあれば探偵度100も取れるだろうと思い、
チャートは作っていません。
銃声とダイヤモンドくらいエンディング数があればチャートがあったほうが良いかなぁとも思うのですが、チャートを作るとどうしてもダイレクトになりがちなので楽しみを奪ってしまうかと思いまして。

以下、感想です。ネタバレはたぶん、大丈夫。
でも最後のシーンフロー図(gif)はネタバレすると思うのでご注意。

まだ探偵度100をとっていないのと、シリーズのコアなファンというほどではないので、ライトな感じで現状での感想です。
一言で言うなら「丁寧なつくりの小説を読むようなADV」という感じでした。

シナリオ・推理

一応、シナリオとしては6本になるのかな。
「遺された風景」「遺された想い」「記憶の行方」「偽りの形」「猫の街」、そして「灰とダイヤモンド」
それぞれが色々なところで交差し合っています。
個人的に特に好きなのは「遺された風景」「遺された想い」「灰とダイヤモンド」ですが、「記憶の行方」は存在として重要なシナリオなのでこれも含めて好き、ということになると思います。
「遺された風景」と「遺された想い」は同時進行できません。また、「偽りの形」と「猫の街」も同時進行はできません。
オススメルートは「遺された風景」または「遺された想い」を経由し、「偽りの形」を通るルートですかね。

推理系ADVとしては代表的なシリーズだけあって、作りはやはり丁寧です。カーソル位置などでたまに面倒に思うときもありますが、個別のシナリオで見ると期待を裏切らないクオリティと言えると思います。

ただし、作りが丁寧であるが故に、推理についてはテキストを読んでいればわかることをまとめていくだけなので、あまり推理という感覚はしませんでした。
終盤になると、もう先がわかってしまった場合もちまちまと推理をしていくことになり、少しスピード感には欠ける部分があります。
また、ハッとするような劇的な展開も特になく、丁寧に織り込まれたシナリオを読んでいくような感覚でした。

しかし、神宮寺シリーズはスピード感が必要と思える作品ではないと思いますし、この丁寧な作りこそが良いのではとも思うので、刺激は足りないものの特に不満とは思いませんでした。

その他

音楽は、神宮寺っぽい、と思います。
OPムービーの出だしの神宮寺はひどくカッコ良くて好きですが、他はまぁ普通のBGMですね。

あと各シナリオのクライマックスではムービー(というほど動かないけど一応ムービーです)が使用されるのですが、これは個人的には微妙でした。ムービーはまぁ盛り上げ役として良いかと思うのですが、ボイスが私のイメージと合わなかった上、要所要所にしか入らないので「声に慣れる」ということもできず…
盛り上がらないわけじゃないけどちょっと冷める、みたいな感じで。
なかったほうが良いとまでは言いませんが、違うキャストならなぁとは思います。

気になったこと

DS版などの神宮寺は知りませんが、「タバコを吸う」を選ばないと進まないパターンや「殴る(フックとかアッパーとか)」のコマンドがなかったのがちょっと気になりました。タバコを吸わなきゃ進まないとか自発的に相手を殴るという選択がイマドキのお子様にはよろしくないという捉え方なのかなぁとか少し思いました。
ゲームと現実を区別できず問題を起こすと言いたげな考えをたまに目にしますが、そもそもはゲームが悪いのではなく、区別ということを教えてやれないその子の親や周囲のせいだと思いますけどね。
ゲームも映画や小説、ドラマと同じで、架空であり空想であるならそれを理解できるような現実や常識を与えないことが問題ではないかと。
まぁ今はどうでもいいことですね。

あと、プレイ前に見た公式のかすみとまなみのFlashのやつはちょっと引きました。男性の神宮寺ファンには嬉しいものなのかもしれませんね。
プレイ後はまぁ別にいいんじゃない、くらいには思えます。かすみとまなみに結構会ったからかも。
あと、洋子さんのあのムービーはちょっとあざとい気がしました。いや、嫌いじゃないし、むしろ好きだし、いいんだけど。なんかちょっと。

あとは、最大の気になるポイントなんですが、これは一体どういうことなのか。
謎が全然解決していない。
あの男性たちとあの女性の謎がさっぱりわかりません。通るルートによって解決されるのでしょうか?でも一応フローは既に100%だし…
もしかしてUMDが2枚組なんじゃないかと思うくらい解決していなくて驚きました。続編待ちなのでしょうか?
別の作品で描くつもりならば、どうせならポケモンのように2本同時に出して欲しかった。時間が経つと記憶が薄れるし、感動も薄れます。

もし今作でそのあたりの伏線も解消されているのに私が見られていないだけなら、ごめんなさい。

おまけ

シーンフロー完成形。
見るとネタバレするかも。

灰とダイヤモンド シーンフロー

灰とダイヤモンド シーンフロー

この記事は楽しめましたか?またはあなたのお役に立ちましたか?
12345 (6 人が評価, 平均値: 4.50 / 最大値: 5)
Loading...

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

:) more »

CAPTCHA


このサイトについて

観劇記録が中心、たまにその感想やゲーム攻略、Wordpressのこともごくたまに。
すっかりブログを書かなくなったけど相変わらずミュージカルとゲームは好きです。華道は教授資格まではとったものの、センスのなさにより行き詰まってます。
近況詳細はフッターに。(2017/05/26)

銃声とダイヤモンド

銃声とダイヤモンドの攻略チャートを探している方はまとめが完了している銃声とダイヤモンドのページをどうぞ。
記事のほうは更新していないのでエンディングなどが不完全です。

My Instagram

1ヶ月以内の評価 [上位5件]

最近のコメント

  • Loading...

アーカイブ

Count per Day

  • 5474This post:
  • 1028086Total reads:
  • 152Reads today:
  • 157Reads yesterday:
  • 408105Total visitors:
  • 100Visitors today:
  • 105Visitors yesterday:
  • 0Visitors currently online: